社案内

新人教育


■ 教育方針

当社では人材は「重要な財産」です。
ITが企業のビジネスに深く組み込まれている今日、開発エンジニアの存在はますます重要不可欠なものとなっています。
そのような社会背景を受けて、当社では開発環境と開発管理に関する技術やスキルを、実践的に活用できる人材を育てていきたいと思っています。
また、チームで開発する現場では、コミュニケーションを取りながら円滑に開発を進めるスキルが必要です。
プログラミング技術だけではなく、開発分野の業務知識、プロジェクトの管理力、指導力等のスキルも身に付け、将来長くにわたって活躍できる人材の育成を目指しています。

教育方針_1
   自らが学習するスタイルを身に付ける
   自発的に問題を解決するために行動する
 自らが学習するスタイルを身に付ける
 自発的に問題を解決するために行動する
教育方針_2
   4月から実業務で稼働できる仕事力を身に付ける

 

   【社会人力】
    ・主体的に学習できる力(成長力)を身に付ける
    ・120%の自己表現力を身に付ける

 

   【技術面】
    ・Ruby Programmer資格を取得する
 4月から実業務で稼働できる仕事力を身に付ける

 

 【社会人力】
  ・主体的に学習できる力(成長力)を身に付ける
  ・120%の自己表現力を身に付ける

 

 【技術面】
  ・Ruby Programmer資格を取得する
教育方針_3
   先輩との交流から協調力を身に付ける
 先輩との交流から協調力を身に付ける

 

■ 新人教育

当社では入社する半年以上前から、月に2回のペースで研修を行っています。
前半と後半に分かれており、前半では当社が以前より多くの取り組みを行っている言語「Ruby」を用いたプログラミング研修を、後半では職務経歴書やエントリーシートの書き方、それらを元に面接の受け答えの練習などのビジネス研修を行っています。
それぞれのスキルに長けた先輩社員が丁寧に指導し、入社時には即戦力となれるような人材となれることを目指します。
また、指導担当の社員以外も自由に参加してコミュニケーションを深めることで、いち早く会社の雰囲気を感じることが出来ます。

 

 

・内定者研修スケジュール

研修実績

エデュ REx silver エデュ REx
 
 
 
 

 ・プログラム研修
新人教育_Ruby研修_01

 
新人教育_Ruby研修_02

 

 

 

前半で行うプログラミング研修では、現在大きな注目を集めている言語の一つであるRubyを使用しています。
毎回の研修ごとに課題を設定し、その達成度合いを見ながらその人にあったペースで研修を進めます。
最終的な目標は「Ruby技術者認定試験 Silver」の資格を取得することですが、研修の中ではその更に上位の資格であるGold資格の取得や、実務でも使う機会の多いRubyのフレームワーク「Ruby on Rails」に関する学習も視野に入れた内容で進めていきます。

 

研修教材は当社独自のものを使用しており、内容も先輩社員が分かりやすく解説してくれます。
この教材は毎年の研修内容を元に、「より深く、より分かりやすく」なるようにバージョンアップされて続けています。

ただ知識を学ぶだけではなく、先輩社員の経験などを元にした指導により、仕事で実際に活躍する実戦力が身に付きます。
また、研修の中で分からないところや疑問に思ったことがあれば、チャットツールで先輩社員に気軽に相談出来ます。
これにより、研修をスムーズに進めるだけでなく、より深い知識と経験を得ることが出来ます。

 

この研修では、研修を受ける内定者と指導をする先輩社員がそれぞれに成長していきます。
“共に悩み、共に成長する” そんな研修を目指して私たちは取り組んでいます。

 
 
 
 

 ・プログラム研修

新人教育_Ruby研修_01

 
新人教育_Ruby研修_02

 

 

 

前半で行うプログラミング研修では、現在大きな注目を集めている言語の一つであるRubyを使用しています。
毎回の研修ごとに課題を設定し、その達成度合いを見ながらその人にあったペースで研修を進めます。
最終的な目標は「Ruby技術者認定試験 Silver」の資格を取得することですが、研修の中ではその更に上位の資格であるGold資格の取得や、実務でも使う機会の多いRubyのフレームワーク「Ruby on Rails」に関する学習も視野に入れた内容で進めていきます。

 

研修教材は当社独自のものを使用しており、内容も先輩社員が分かりやすく解説してくれます。
この教材は毎年の研修内容を元に、「より深く、より分かりやすく」なるようにバージョンアップされて続けています。
ただ知識を学ぶだけではなく、先輩社員の経験などを元にした指導により、仕事で実際に活躍する実戦力が身に付きます。
また、研修の中で分からないところや疑問に思ったことがあれば、チャットツールで先輩社員に気軽に相談出来ます。
これにより、研修をスムーズに進めるだけでなく、より深い知識と経験を得ることが出来ます。

 

この研修では、研修を受ける内定者と指導をする先輩社員がそれぞれに成長していきます。
“共に悩み、共に成長する” そんな研修を目指して私たちは取り組んでいます。

 
 
 
 
 
 

・ビジネス研修

 

新人教育_Ruby研修_03
 
新人教育_Ruby研修_03

後半で行うビジネス研修では、職務経歴書(スキルシート)やエントリーシートを実際に書いてノウハウを学びます。
その中で自分自身のことを振り返りながら、自分のことを知り、自分のことを表現できる力を養います。
また、それを文章として書き表すことで、エンジニアに必須とも言える文章力、ドキュメント作成能力を身に付けます。

書いた職務経歴書やエントリーシートは、経験豊富な先輩社員が推敲しアドバイスを出します。
そのアドバイスを受け、最初に書いたものより次はより良いものを、その次には更に良いものを…
という風に、表現力と文章力を一緒に磨いていきます。

そして、書いた内容は面と向かって話す時でも十分に表現出来なくてはなりません。
 
先輩社員、あるいは一緒に研修を受けている内定者に向けて書いた内容を実際に話し、それを伝える練習をします。
練習を通して、その人なりの表現方法を一緒に考え、またそれを実現するだけの力を身に付けます。

自分を表現することは経験を積んだ人でも難しいかもしれませんが、エンジニアとしても社会人としても重要な事です。
この研修で得た経験を元に “120%の自分” を表現出来るようになること、これがこの研修の目標です。

会社案内

ページトップへ

コンセプト

会社案内

事業案内

Ruby研修

求人案内