輩の声

先輩の声[ 7 ]

S.Tさん エンジニア歴1年 【プログラマー職】

京都府出身。専門学校にてゲーム開発を専攻。
卒業後、2018年にリバティ・フイッシュ株式会社に入社。
現在は会社ホームページのレイアウト・デザイン変更作業を行っています。
システムエンジニア志望で会社に入社しました。今はプログラマーとして会社の業務を行っています。
専門学校がゲーム開発系の出身でビジネスプランナーとしての学習がメインでした。UIの開発やゲームのマネタイズの勉強をしていて、プログラムとはあまり接点がなかったです。プログラミングに関しては、レンダリングについての学習(Directx)やJavaScript・jqueryを使った簡単なプログラミングをしていたくらいなので、初心者と変わりません。
未経験なので毎日知らない技術やわからないことを調べて、rubyやrailsの学習をしながら毎日奮闘しています。

中小企業の特権だと思いますが、意見が一方方向でないこと。
トップダウンとボトムアップを繰り返し、意見をつたえることが出来るので新入社員として働きやすい環境があります。
わからないことを聞いたら、先輩方がちゃんと答えてくれるので、仕事しやすい環境構築がされていると思います。

幼いからPC環境があったので、コンピュータに携わる仕事をしたいと漠然ですが思っていました。中学生ぐらいから、プログラマーになりたいと思い、高校生は情報科に入学し、その後も専門学校でゲームプログラミングの勉強をして、現在リバティ・フイッシュに在籍しています。

最初の仕事としては、Wordpressを使って、社内のHP改修を行っています。
HTML・JavaScriptの知識があまりないので、調べならがら同期と一緒に試行錯誤してがんばっています。各々やっていることが違いますが、私はデザインを主体でやっているので、IIIustraror・Photoshopを使って画像編集をやっています。

人に自慢できる資格は持っていないです。
なので、自分の時間を見つけて、資格勉強をして、基本情報技術者試験とrubysilverくらいはとりたいと思っています。
最終的な目標としては、rubygoldと応用技術者試験の取得を目標にしています。

まだ入社したてで、ビジョンがないですが、将来的にシステムエンジニアになって、設計・管理をしつつ自分でいろんなプログラミングができるクリエイターになれたらと思っています。その為に、自分でプログラミングの本などを読んで、自分の力をつけられたらと思っています。

結局は自分のやりたい仕事・やってみたいことを仕事にするべきだと思っています。
選んだ業種で40~50年仕事ができるのかと考えたときできそうと思ったものが自分の天職なのかなと思います。最初は漠然でもかまいませんし、PC関係と思ったらどういう仕事があるかと調べてみて、そのなかで自分がやりたい仕事を探していって、自分のライフワークになれるようなものがあったらとりあえず挑戦してみるくらいの感覚でいいと思います。
私も大変な思いをしたので、軽く考えてみてはどうでしょうか?とはいいませんが、自分のやりたいことを失念せずに就職活動がんばってください。

 
 
 

<< 前の記事

一覧TOP

次の記事 >>

先輩の声

ページトップへ

コンセプト

会社案内

事業案内

Ruby研修

求人案内