輩の声

先輩の声[ 3 ]

N.Nさん エンジニア歴3年 【プログラマー 職】


大阪出身。専門学校でプログラミングを学び、2015年4月にリバティ・フィッシュ入社。小学6年生のときに自分でホームぺージを作って以来のプログラミング好き。人の役に立つシステムを作りたい!という。

入社はプログラマーで、実際仕事でさせてもらっているのはインフラ系の維持管理をさせてもらっています。
専門学校でプログラマーの勉強をしていました。インフラ系は詳しくないので、一からさせてもらっていました。
その中で、今まで触ったことのないOSなど、例えば、Linuxなど触ってどんどん今まで興味を持っていない分野の教養が広がりました。

3年目には入ってからチームのリーダーをさせてもらっていて、そうなると今度は新しく入った人の教育や進捗の管理をさせてもらっていて、業務を理解したうえでやっていかないといけないこともあるが、まだ三年目なのでわからないこともたくさんあってその辺りは理解している人に相談して、自分も少しずつ理解していっています。
チームのメンバーが入ったばかりの人が多いので教えるのが大変なこともあります。

4人ぐらい、いまのチームは私も含めて7名です。
直接的な業務もあるし、人を管理するのは人が得意なとことも見ていくことが重要で、なるべく長所を見ています。仕事が煩雑になっているので、効率の良いようにしないといけるように人員配置も考えて行っています。

客先常駐です。
システム管理室の常駐です。
他の会社から来ている人やその会社の人など、色々な会社の人が職場にいます。

専門学校の先生と、社長が知り合いだったのでここに決めました。
興味があったプログラムを書くことがメインの会社に入ったのですが、いまは運用管理の仕事をしています。

三年目に現場で決められてチームのリーダーになりました。
周りに助けてもらってばかりです。

もともと家にPCがあったのがきっかけです。親も割りとよく触る人で、小さいころHPを作成して仕事するならPCを触る仕事がいいなと思いました。できるなら物を作る仕事がいいと思ので、高校・大学時代HPや知り合いに頼まれて保育所のHPを作成してお手伝いしていました。

社内で作っています。
自分だけインフラにいるので情報が少ないです。

なかなか楽しいです。
現場ではユーザーさんが使っているアプリケーションが動いているアプリなので、直接ユーザーの声が聞けるのは貴重な経験です。
インフラは目には見えないけれど、意識しないものだけど、しっかりしていないと、PCがとまってしまうので、誰にも気づかれずにこっそり直しているのがミソです。そこに達成を感じています。

あまり困っていないですが、ちょっと寂しいぐらいです。

実際自分に吸収できて手に職がつけられる仕事だと感じます。新しい技術が開発されていく仕事なので、自分で積極的に勉強をして興味を持たないとおいていかれる業界です。

基本情報技術者試験をとっています。

今後はプログラムをやってはいきたいですが、結局プログラムが動くのはサーバー上だったりするので、いまのインフラの経験は無駄ではないかと思っているのでどんどん知識は身につけたいと思っています。

良かったこと:割とこの会社にはいってすぐに現場に行ったのでこの会社への実感はないけど、スモウルビーのイベントで講師をしているので子どもたちにプログラムを教えるのが楽しいです。性格上、人にモノを教える仕事は自分が好きなので合っていると感じます。
また、先輩が産休を取っているので、まだ戻られるみたいだが産休がしっかりしているのは良いと思います。
悪かったところ:あまり意識していませんが、しいて言うなら女性社員が少ないところです。

忙しくない時期は9時から18時19時までです。
インフラはみんなが帰省の時期などが繁忙期で、年末年始、年度末は忙しくなります。
リーダーになると22時、23時なったりすることもあります。
チームの中で頼られているのがやりがいを感じます。また、わからないことがあっても周りから助けてもらっていることも多いです。

いまはサーバー管理や維持がメインだが、今後は開発に携われたらいいと思っています。

 
 

 

9:00 出社


10分~15分前には出社。
パソコンを起動して、メールや当日のチーム全体のスケジュールを確認。
当日急なお休みの人がいたりすると、その人の分の業務も調整します。

10:00


システム利用者から電話で「システムが利用できない」と照会。
詳しく話を聞いてみると、どうやらシステムログイン用のアカウントの
パスワードが分からなくなってしまった様子。
パスワードを初期化してご連携し、対処完了。

11:00


開発から運用へフェーズが移行するシステムについての、引き継ぎミーティング
に参加。
システムについての疑問点や運用時の注意点など、なるべくこの時間に確認します。
運用に向けて受け取る資料については、後日完成したものから順次確認すること
になりました。

12:00 昼休み


オフィスと同じビルにあるコンビニでおにぎりとサラダを買います。
毎日同じコンビニで買い物をしていたら、だんだん店員さんと仲良くなってきま
した。
オフィスで食べた後はお昼寝してたりします。

13:00


仕事再開。
毎月あるシステムのメンテナンスについて計画を立てます。
当日までの準備や当日のタイムチャート、それぞれの担当者を調整しました。
実作業の準備については、各担当者にお任せです。
不明点など、質問があれば回答します。

15:00


週次で実施している、常駐先との進捗ミーティング。
2チーム掛け持ちしているため、2時間続けての参加です。
1週間の業務状況の報告をしたり、追加の業務の依頼を受けたりします。

17:00


ミーティングで持ち帰った業務について、チーム内メンバーで担当者を割り振り
ます。
それぞれの業務に必要な時間の計算に悩みます。
なるべく各メンバーでの業務の負荷が均等になるよう注意します。
うっかり偏ってしまうこともあるので、チームメンバーには
無理な時は無理って言ってねとお願いしています。

19:00


チームメンバーの今日の業務状況について報告をもらいます。
遅れが出ていたり、止まってしまっている業務がないかを確認します。
チーム全体として今日の業務が完了していることが確認できたら
片づけをして帰宅します。

 
 
 

<< 前の記事

一覧TOP

次の記事 >>

先輩の声

ページトップへ

コンセプト

会社案内

事業案内

Ruby研修

求人案内