輩の声

先輩の声[ 2 ]

M.Aさん エンジニア歴3年 【プログラマー 職】


広島県出身。事務職からプログラマーへの転身を決意し、2012年にリバティ・フィッシュへ入社。技術を身につけて地方でも仕事ができるエンジニアを目指しています。ドイツ文学への造詣が深い知性派です。

一人ひとりの向上心が高い社風、失敗を恐れずチャレンジする態度が評価される社風だと思います。各自が常にスキルアップを意識し、自主的に勉強会に参加するなどして技術の習得に努めています。社長はとても熱い人で、私達がチャレンジすることをいつも応援してくれています。そして自由度が高いというのも当社の特徴です。自分から積極的に関わっていけば、スキルややる気に応じて様々な仕事を任せてもらえる環境です。フラットな組織なので上下関係も厳しくなく、どんなタイプの人でも受け入れる雰囲気があります。

面接の際、経験の浅い人でもチャレンジできる環境があるということ、女性特有の能力やコミュニケーション力がこの業界で必要とされているということを社長から熱く説明され、その姿勢や考え方に深く共感しました。ソフトウェア業界の現場は女性比率が1割程度ととても低いのですが、当社は3割ほどが女性で、自社で女性プログラマーを育てていこうという気概も感じました。一般的に女性は安く見積もられがちですが、当社の女性達は技術力や人柄で勝負できるプログラマーを目指す志の高い人ばかりです。そして最近では、女性Rubyエンジニアの集まり「Rails Girls」を応援する企業スポンサーにもなっています。

就活する際にじっくり考えなくてはいけないのは「自分が一番求めているものは何か?」ということだと思います。自分が仕事に求めるものが、お給料なのか、仕事内容なのか、自分の成長なのか・・・。それを確認したうえで、それの実現に近いと思われる会社を受けてみるべきです。そして面接は企業が一方的に評価する場ではなく、企業と自分がお互いを評価し合うであり、対等な立場だということに気付けば、面接の恐怖や緊張感も和らぐのではないでしょうか。対等に会話ができると感じたところが、あなたにぴったりの職場かもしれません。

当社は仕事でチャレンジしたい人、ものづくりに貪欲な人はウェルカムです。ガツガツするくらいが丁度いいと思います。そのぐらいのほうが「仕事が楽しい!」と感じられますから。会社の歯車ではなく、自分の成長=会社の成長と思える会社です。

 
 
 

<< 前の記事

一覧TOP

次の記事 >>

先輩の声

ページトップへ

コンセプト

会社案内

事業案内

Ruby研修

求人案内