輩の声

先輩の声[ 4 ]

K.Hさん エンジニア歴3年 【プログラマー 職】


大阪出身。専門学校でプログラミングを学び、2015年4月にリバティ・フィッシュ入社。コツコツ頑張ることが得意。プログラミングが楽しくて、プログラマーは転職!と感じています。カードゲームが大好き。

主にRubyを使った医療システムの改修や新規機能の追加を担当しています。今は3つのプロジェクトの仕事を同時進行しており、入社してから約1年の間に6つのプロジェクトに係わりました。

皆さん就業時間中は、自分のペースで休憩し、やるときはムダ話なくとっても集中しています。緩める部分と締める部分がいいバランスの雰囲気です。先輩との関係もタテ繋がりというよりは、ヨコ繋がりという感じで話しやすいです。

想像していたより殺伐としていない感じです(笑)就職する前は、ソフトウェア業界って「キビシそう」というイメージでした。就活で10社ほどの会社説明会に参加しましたが、「残業は自己責任」と言う会社もあって、正直そういう考え方にはついていけないと感じました。それに比べるとリバティはとてもゆったりした感じです。

「新しいことにチャレンジしていく!」という社長の熱いお話に、大手とは違う個性や魅力を感じました。特に「Ruby」開発に力を入れているところは、惹かれた一番の理由です。学生時代のクラブ活動でRubyを知り、Rubyの開発に携わることができれば、と思っていました。

中学1年生のから頃、HTMLやJavaScriptで趣味のページを作り始めました。その時は仕事に繋がるなんて意識は全くなかったのですが、今思うと、あの頃からプログラミングを好きになっていました。一度は別の業界へ就職をしたのですが、プログラミングの勉強がしたくて専門学校に入りました。そしてそのままソフトウェア業界を目指しました。

自分にとって「当たり」 と思える部分を探してみてください。1つの業界にもいろんな会社があって、いろんな人がいます。何が正解かは入ってみても分からないことが多いと思います。であれば、ヒトの意見よりも自分のものさしで「当たり」と思えるものを感じたら、飛び込んでみるのもいいと思います。私の場合は、楽しく仕事をしたいので、与えられた環境の中で「当たり」を見つけるようにしています。今は、優しくも厳しい先輩も任される仕事も「当たり」だと思っています。


9:00 出社


出社したらまず自社のメールと常駐先のメールを確認したり、昨日の作業内容を振り返ったりしながら一日の予定を大雑把に立てます。
その後、常駐している自社メンバー間で簡単な朝会を行い、今日一日のお互いの予定を確認します。

10:00


昨日実装まで完了していたタスクについて、結合テスト時に使うテスト仕様書の作成を行います。
単体テスト時に使用していたテスト観点表も活用しつつ、結合テストの観点表を作成し、観点表を埋める形でテストを作成していきます。
常駐している自社メンバーに内部レビューもしていただき、無事に完成させる事ができました。

12:00 昼食


昼食は基本外食です。
直近駅方面に行く事もあれば、通勤利用駅方面に行く事も。
通勤駅方面は昼食帰りにゲームセンターや本屋に寄る事もできるのがうれしいですね。

13:00


新しいタスクの対応に着手しようとしていたところ、常駐先の方から別タスクについて工数算出の依頼を受けました。
優先度とかかる時間を考え、先に工数算出の方を実施する事にします。
まず、改修の必要な箇所をプログラムを追いながら確認し、修正範囲を確定させます。
そこから修正の必要となるドキュメントを洗い出し、ドキュメント修正から実装・テストに至までの工数を算出します。
最後に算出した工数を表形式でまとめ、常駐先の方に報告しました。

16:00


改めて、新しいタスクの対応に着手。
実装に入る前に、まずは各種設計書の修正から開始していきます。
どのように実装すればよいかを考え、実装方法として考えたロジックを文字におこして設計書に記入します。
ドキュメントがかなりしっかりしている為、修正漏れが無いように気をつけながら修正していきます。
この日は修正が完了したところで定時に。
スケジュールに余裕があったので、実装方法として考えたロジックや設計書の修正自体の内部レビュー、実装開始はまた明日に回すことにしました。

18:15 退社


今日一日を振り返りながら、日報に本日行った業務を記入します。
記入が完了したら、ノートPCをロッカーにしまい、自席を簡単に清掃したら退社。
本日も一日お疲れ様でした。

 
 
 

<< 前の記事

一覧TOP

次の記事 >>

先輩の声

ページトップへ

コンセプト

会社案内

事業案内

Ruby研修

求人案内