会社選びも大切ですが
自分がどうなりたいかが
重要だと思います!

エンジニア職2021年 入社Tさん

社員インタビュー

主な業務は何ですか?

現在はスーパーマーケット等で使われるレジのシステムの改修を担当しています。
基本設計から担当をしていますが、顧客の要望をくみ取りながら仕様書に落とし込むのはとても難しく、また、PL/SQLという言語をメインに使うので、これも勉強しながら日々悪戦苦闘しています。
チームの人や先輩社員のアドバイスを参考にしながら、少しずつ進めています。

入社から現在に至るまでの自身の変化・成長したことなど

入社して3か月ではありますが、ベンダー資格を取得できたことです。
Javaの研修を入社後すぐに実施していただき、Java Silverを取得することができました。
また、弊社で開発しているRExというRuby技術者認定試験の模試ができるサイトをフル活用してRuby Goldも取得しました。
実務未経験で入社しましたが、短期間で複数の資格を取れたことは自信にもなりましたし、成長を感じられた部分でもあります。

なぜこの会社に入社しようと思ったのか?

会社説明会や面接のすべての段階で社長が出てきてくれた点が決め手になりました。
面倒見のよさそうな会社だなと入社前から思っていましたが、現在自分も社長と同じ空間で働きながら、忙しい中時間をとってくれていたんだなと改めて感じています。

仕事でプログラミングをしようと思ったきっかけは何ですか?

物を作る仕事に就きたかったからです。
パソコンは大学時代からよく触っていて、興味があったというのも理由の一つです。
また、自分の学習次第でスキルが大きく変わる点も魅力に感じました。

資格は持っていますか?

Java SilverとRuby Goldを持っています。
資格手当も支給されるので取れる資格はどんどん取っていこうと思っています。

3年後の自分の将来像

漠然とした目標ではありますが、ある程度の業務はこいつに任せてもいいなと思ってもらえるような人になりたいです。

求職者へのメッセージ

個人的には、会社という環境選びも大事だとは思いますが、自分がどうなりたいか、どう振る舞うかの方が大事だと思っています。
自分が成長したいなら成長できそうな会社、お金を稼ぎたいなら稼げそうな会社、プライベートを充実させたいなら休みがしっかりとれる会社など、ある程度判断する軸をきちんともって就職活動を行えば後悔しにくいのではないかと思いますが、就活をしている時期より会社に入ってからの方が人生は長いですし、入った時と数年後で社風がガラッと変わることもあります。
環境にあまり影響されず、自分が数年後どうなりたいか、どういうスキルを身に付けたいか、目標は何かをしっかりとイメージしておけば、どんな状況でも自分がすべきことが見えてきますし、どんな会社に身を置きたいかも見えてくると思います。
時間があるうちに自分がどう生きたいかをしっかりと考えてみてください。

一日の流れ

9:00
始業の5~10分前にオフィスに到着します。
PCを起動し、お客様からの連絡をチェック。
そのあと簡単な掃除を行ってから業務が始まります。
9:10
掃除後、チーム内で朝礼を行います。
当日のタスクの確認と、注意事項などを共有します。

12:00
お昼休憩です。
オフィスでyoutubeを見ながら弁当を食べて、食べ終わったら15分ほど昼寝をすることが多いです。
13:00
引き続き自分のタスクを行います。
本番環境に乗せてしまった後はドキュメントの修正を中心に行い、随時周りのサポートを行います。

15:00
この日はお客様と打ち合わせがありました。
本番に乗せたプログラムの動作状況の確認を行ったり、今まで出ている不具合の対応状況を報告します。
正常に動作しているとのことだったので、追加で対応することもなくホッとしました。
会議後コーヒーを買ってきて小休憩しました。
16:30
1点追加での要望事項が来たのでチーム内で実装方法を相談しました。
既存のプログラムに機能を追加し、テストを実施。
要望通りの機能が実装できているか、バグが含まれていないかを確認します。
問題なさそうであれば、お客様に報告をしてリリース時期などの相談を行います。

18:00
当日のタスクの進捗をslackにてチーム内で共有し、明日のタスクを整理してから退勤します。